ガンダムシリーズ(アニメ作品)やガンダムAの感想 : なべのガンダム小咄

なべのガンダム小咄

ガンダムのソシャゲーのプレー日記だったり、ガンダムグッズの話だったり、アニメ作品やガンダムAを読んでの感想などを自由気ままに書きます。

カテゴリ: ガンダムシリーズ(アニメ作品)やガンダムAの感想

こんばんは。今日は木曜日なので「ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE」の公式での更新の日なので感想が1週間遅くなり申し訳ありません。

ちなみにPC版から見たトップの黄色い旧ザク(ザクⅠ)は、作業型ザクなる大昔にMSVで発表された機体です。しかもほとんど商品化されていないので、超が付くほどのマイナーな機体です。

Windows内蔵の「ペイント」でマウスで描きました。ヘタクソですが、その辺はご愛嬌ということで…(;^_^A


前置きはこの辺にしまして、本題に入りたいです。10話は、GBN内での「ストーリーミッション」という物語進展の物語とメイの出自に関して描かれております。


パルですら、戦闘→ストーリーミッション→戦闘…という流れを把握してきたみたいです。何だかんだ言っては、徐々に成長をしております。


メイが「EL(エル)ダイバー」というGBN上のバグ並びに一種のアンドロイドであることが分かりました。メイの持つ雰囲気や、少し冷淡なところは、そのためです。


しかしメイの場合はアニメ上の現実世界(横浜みたいなところ…)でも実体が存在するらしく、どこかの誰かが(分かる人には名前は分かるかもしれませんが…)、フィギュア(作品上のリアルワールドでは、人間ほどの大きさがないので、あえてそう表現します)に色々と知能をプログラミングした一種のアンドロイドのようです。

今回の物語は、主に山の民たちの祭りを中心にヒロトたちと山の民たちの交流が主に描かれています。

そのやり取りの中からメイは、自身の出自を仲間たちに話し、おぼろげながら自分の目的を話しました。

またメイはヒロトが探し続けるイヴがELダイバーである可能性を仄めかしました。それでもヒロトはイヴを探し続けることを心に決めます。

大まかな流れは、こんな感じでしょうか…

今回の話で感じたことです。
ウォドムのモビルドール状態が他の機体とデザインや世界観が違うなぁと思いました。それを笑って楽しむか、疑問符を感じるかは、人それぞれかもしれませんが…
自分は、後者かもしれません。


カザミのジャスティスナイト・プチッガイが可愛かったです。あとは、知る人ぞ知るクロスボーンガンダムの飛び道具である「ピーコックスマッシャー」がプチッガイが持っていました。ちょっとニンマリしました。


最初はウザキャラだったカザミがパル同様に徐々に成長しているのが感じられます。ネットなどのキャラ紹介に表記されている「面倒見の良い兄貴分キャラ」というのが、山の民の子供たちや山の民の祭りを率先して手伝い、また楽しむという姿が以前の独りよがりなキャラから成長を感じられました。


山の民のお祭りのハイライトであるワンシーンが長崎県などの「精霊流し(しょうろうながし)」のようで幻想的でした。


次の感想は、もう少し時間に余裕をもって行いたいです。


自宅で多くの名作映画を楽しむならスカパー!! 家にいながら映画のDVDやブルーレイを借りるならDMM 人気の映画をたくさん楽しむならU-NEXT

FODプレミアムならフジテレビ作品が楽しめる!!













こんはんは。こちらのブログはガンダム関連のソシャゲーの話以外に週に1,2度はそれ以外の話をしたいと思います。


という訳で今回はビルドダイバーズ Re:RISEの第9話「隔絶の淵から」の感想をお話ししたいです。


今回もヒロトの成長物語となります。山の民の長老たちから海で戦うことをお願いされたヒロトたち、海中で戦えるのはヒロトのみなので、他の3人は陸上で待機することになりました。


現実世界でもGBN内のモヤモヤを引きずっているヒロト。自分の力のみを頼みとし、仲間の力を信じようとしないヒロト。過去の経験で仲間を信じずに己の力を頼らずにバーサーカーの如く、敵に挑み勝利は得たものの行為を抱いているイヴから逆に怖がられてしまうという苦い経験があります。


そのトラウマを乗り越えて成長できるかが、今回の物語のカギです。


出撃の前にメイからは、自分たちは似ているが似て非なるものだと、自身の信条である「一匹狼」の気質を窘められます。
海中ミッションの当日、ヒロトはフレディを伴って出撃することになりました。一匹狼のヒロトにとっては、フレディはまさに重荷。

内心、楽勝だと思っていたヒロト。待ち受ける敵は、大型機体で予想以上に強く、ヒロトの機体は苦戦を強いられます。


敵の攻撃に耐え兼ね、気を失うヒロト。そこでヒロトを助けたのは、ヒロトにとって重荷に感じた、一緒に同乗したフレデイ。そしてメルクワンガンダムの危機を救ったメイのウォドム。


ヒロトは作戦通り、敵機を陸上に上げて氷上で待機していた、カザミとパルのガンダムと連携してめでたく強敵を倒すことができました。

今回は、一匹狼のヒロトに欠けていた仲間を信じる心というものを得ることができたエピソードを8、9話と連続で描かれました。


物語の終盤、任務完了で喜んでいた束の間、皆を恐怖に陥れるガンダムゼルドザームが登場し、命からがらで防戦しました。

今回の感想は、以下の通りです。
・プラモなのにヌルっとした表面を持つデスアーミーってどうよと思いました。不勉強なので分かりませんが、プラモの塗装表現などで魚のようなヌルっとした表面を表現できるかが疑問に思いました。


・メイが「エルなんとか」という名前のGBN上のバグらしいことが現実世界で塞ぎがちになったヒロトを心配に思ったヒナタが調べて分かりました。GBN上のヒロインなのにバグというのは少し残念な感じです。


・予告編から来週こそがメイのエピソードになるっぽいです。ウォドムの中はヒト型のモビルスーツというよりもアンドロイドっぽい機体が出てくるのがわかりました。


・戦いの中でカザミが思わず「海の男をなめるな!!」といったのでリアル世界のカザミは、船乗りや漁師などの船の仕事に携わる人間っぽいことが予測できました。


・ガンダムゼルドザームはドアップで描かれると所々がガンダムマークⅢであることがよくわかります。

今回は、こんな感じで失礼します。書きなぐりみたいな文章で失礼しました。





自宅で多くのアニメ作品を楽しむならスカパー!!


家にいながらアニメのDVDやブルーレイを借りるならDMM


人気のアニメをたくさん楽しむならU-NEXT


FODプレミアムならフジテレビのアニメが楽しめる!!



 









こんばんは。今日は天気の悪い日曜日ともあり、のんびり自宅で過ごしておりました。


 前置きはこの辺にしまして、今日のお話をしたいです。 


今日はガンダムビルドダイバーズRe:RISE  第8話「使命と幻影」の感想です。


第7話の予告編を見た時点では、メイの成長描いた話になると思いきや主人公ヒロトの成長を描いた話になったので意外でした。 


 今回の話には一度見ただけでは、あまり印象に残らない感じでした。今、ディスプレイを目の前にして入力をしようとているのですが、あまり思い浮かばない感じです。  


ガンダムゼルトザームとの戦いが尾を引き、イヴへの想いも併せて実生活でも浮かない感じがガールフレンドのヒナタはそのことを気に掛けますが、掛ける声もなく思い悩む感じです。

 一方、ディメンション内ではレジスタンスの長老から次のミッションを伝えられ、それが海中でのミッションであることが分かり、パルの提案でクリエイトミッションで海中での模擬戦をすることになりました。 


海中での戦いは苦手だといい、あまり気乗りのしないカザミ。模擬戦では機体が思うように動かせず、真っ先に撃沈します。


続いてパルも対戦相手から一蹴されます。 ヒロトとメイは、海中戦の備えをしたので、奮戦します。


 セリフなども色々とあったのですが、申し訳ありません。あまり頭に残ってない感じで、時間のある時に見直したいです。 



 今回感じたことは、以下の通り。 
・今回の話の舞台と所に背景の一つにアッザムスライムがあり、面白いと思いました。

 ・モブキャラでジオン軍の服を着たケモナーがいましたが、ジオン軍の制服とケモナーは合わないなぁと思いました。

 ・今回、登場したメルクワン・ガンダムの頭がカッコ悪いなぁと思いました。またGガンのガンダムマックスターの顔に少し似ているぁなぁと思いました。またアクアラングを模したと思いますが…  

・カザミさんが相変わらず、脳筋キャラです。どのミッションでも対策を取らないので、進歩や成長がないなぁと思いました。

 ・クリエイトミッションでの対戦相手の方々が渋めのオジさまで且つ、アッガイやゾックなどのジオン水泳部。シブ過ぎる。

 ・3機のアッガイが何をモチーフにしたカラーリングだったのか、元ネタが分かりません。 

・ディメイションでの出来事がメインなので、物語の舞台と思しき横浜を模した街のヒナタを含めた諸々の人々の影が薄いです。

 ・予告編を見る限りでは、次回もヒロトの成長物語となりそうです。


 困ったことに今回は、キャラのセリフが頭に入ってこなかったので、感想文らしい感想文になってないのでご容赦ください。



自宅で多くのアニメを楽しむならスカパー!!

家にいながらアニメのDVDやブルーレイを借りるならDMM

人気のアニメ作品や映画をたくさん楽しむならU-NEXT



FODプレミアムならノイタミナ作品や懐かしのフジテレビアニメ作品が楽しめる!!















こんばんは。youtube上では昨日の公開でしたが、一日遅れの今日お話したいです。
※ネタばれもありますので、視聴してからのご閲覧を願います。

シリーズ開始の第1話から見ておりますが、カザミが超自己チューでウザいですね。
自分の身近にいたら、距離を置きたいタイプの人間です。

冒頭からカザミの自己チューキャラが炸裂です。話は前回の第6話の続きからでヒロトたちがレジスタンスの物資運搬に協力しミッションを成功させるというその準備段階から今回は始まります。

物資運搬の準備をしているレジスタンスのメンバーを手伝おうとしていたビルドダイバーズのメンバーは、レジスタンスのサブリーダーに冷たい言葉を浴びせられます。その言葉に怒りを感じるカザミ。

ギスギスした雰囲気の中で物資運搬が始まります。そこでお約束の一つ目(デスアーミー)たちの敵襲が始まります。

突如の敵襲に恐らく打ち合わせはしていたであろう後衛だったはずのメイとパルが打ち合わせを守らず前衛へ。そこで残されたヒロトとカザミが必然と後衛になります。

話しが前後しますが、ヒロトとカザミの間に作戦前に連絡のやり取りで一悶着があり、お互いに少しモヤモヤした気持ちで互いに対峙します。

またヒロトには先に対戦したカザミのかつてのチームメイトからカザミを託されたことが記憶にあり、そういった思いの中でカザミに接します。

敵襲により、隊列を乱したレジスタンス。その中でもビルドダイバーズたちに冷たい言葉を浴びせたサブリーダーが物資運搬の隊列を乱し、別の道に進路を進めます。

その状況を見た自称リーダーのカザミは、レジスタンスのサブリーダーの言葉を少し根に持ちますが、ゲームのクリアポイントが欲しいので、己の利益優先ですがカザミにしては珍しく臨機応変にヒロトに暴走しだしたサブリーダーを守るように言います。

そこからカザミのジャスティス・ナイトが後衛一機で多数のデスアーミーたちに立ち向かいますが、もともと格闘戦特化型で尚且つ一対一を想定した機体なので、デスアーミーたちに袋叩きにあい、挫けそうになった時にカザミが憧れるキャプテン・ジオンの動画が機体内のモニターに映し出され目に入り、彼に励まされ立ち直り、敵を駆除をし終えた味方たちが駆け付けピンチを免れ、無事にミッションを終えたというのが今回の大まかな流れです。

今回は、カザミの成長を描いた話でした。カザミの成長方向が「信念、自分を信じる心」だったので、ジコチュー要素を和らげてもらえらたらよかったなぁと思いました。
思いやり、優しさ担当はパルがいるので仕方がないのですが…

今回、感じたことを幾つか。
・かつてのカザミのチームメイトから彼を託されたヒロトを見て、「面倒なヤツを押し付けられて迷惑」だなぁ…
・スコア(結果)が出せてないので、功に焦るのが手に取るようにして分かるのだけれども、ジコチューキャラのカザミさん。

・もう何度も敵と対戦していて、対複数戦というのが予測できるわけだから、格闘特化型とはいえ、対処策を取るべきカザミさん。

・装備が無くなったときに初めて使ったジャスティス・ナイトのハンドビームガン→槍に内蔵の飛び道具よりも強い。最初からそれを使えよ。

・獲物が無くても戦えるジャスティス・ナイト。名前とデザインがナイト(騎士)なので槍をメインに戦うのは分かるが、徒手空拳の方が強い。UCに出たシュツルム・ガルスじゃないけど、もう徒手空拳でいいよ。

・かつてのチームメイトたちから煙たがられ、ウザがられるカザミさん。そうなるのも然るべきかな…

・物語終盤に登場した新型の敵。これがおそらく主人公たちに立ちはだかる存在になるのでしょう。ホビージャパンやガンダムAに載っていた事前情報では「ガンダムMkⅢ(←出自Z・MSV)」がベースと書かれてあったが、全然MKⅢの面影がない。

・第8話はネットワーク上のヒロインであるメイの成長物語っぽい。

今回は、この辺で失礼します。ガンダムがらみとはいえ、ソシャゲーの後にアニメ作品視聴の雑感と趣が変わりましたが、このブログではガンダム関係の話を自由気ままにお話したいです。


自宅で多くのアニメを楽しむならスカパー!!

家にいながらアニメのDVDやブルーレイを借りるならDMM

人気のアニメ作品や映画をたくさん楽しむならU-NEXT



FODプレミアムならノイタミナ作品や懐かしのフジテレビアニメ作品が楽しめる!!















↑このページのトップヘ